みなみ野クリニックセンター

みなみ野眼科クリニック 新着情報

御注意!変異種(インド型)の症状の報告(プールに関しての注意)

新型コロナウイルスは日本でも変異型(特にインド型=デルタ型)に置き換わってきている傾向にあるようです。感染力は従来型の2倍で、その主症状も変わってきているようです。
イギリスのインド型コロナウイルス研究団体(ZOE)は「インド型コロナウイルスの症状は頭痛・鼻水が典型的症状である可能性が高い」との報道が2021年6月15日にありました。
インド型に置き換わっているイギリスでは従来の新型コロナウイルス感染症の典型的症状である「発熱・咳・嗅覚・味覚異常等」の症状を訴えている人は逆に減少傾向にあるようです。
ZOEで調査に携わっているキングズ・カレッジ・ロンドンのティム・スペクター教授によれば、
インド株が主流になっている英国では、頭痛、のどの痛み、鼻水がもっとも多くなっているようだ」という事です。
プールも始まり、プール熱の患者様も散見されます。ますます従来の「プール熱=アデノウイルス感染症」と新型コロナ感染症による結膜炎の鑑別が難しくなり、PCR検査が出来ない医療機関、動線を分けられない医療機関では診療をする事自体すら難しくなります。通常の診察だけでは両疾患の鑑別は無理です。両疾患の症状は下記に記載する通りになります。
【1】プール熱の症状:発熱・喉の痛み・結膜炎(充血・メヤニ)
【2】新型コロナ感染症:発熱・喉の痛み・結膜炎(充血・メヤニ)と症状は全く同じですが、両疾患共に全ての症状が揃わない場合もあります。

これからもウイルスは変異を重ねる可能性は否定できません。また変異種では違った症状が主流になる可能性もあります。少しでも体調不良がありました際には、まずは、かかりつけ医に電話で相談してからの受診をお奨めいたします。

以下に現在まで報告されているコロナウイルス感染症の症状を纏めて記載いたします。

Ⅰ: 最もよくある症状::発熱・空咳・倦怠感・頭痛・鼻水・喉の痛み(インド型)
Ⅱ: 時折みられる症状::喉の痛み・下痢・結膜炎・頭痛・味覚または嗅覚の消失
皮膚の発疹、または手足の指の変色
Ⅲ: 重篤な症状 : 呼吸が苦しいまたは息切れ・胸の痛みまたは圧迫感・言語障害または運動機能の喪失

手洗い・うがいを励行し、上記症状のある際には外出は避け、プールなどは休み、まずは主治医に電話にて相談しましょう。
末尾ながら6/16付で「富山大と県衛生研究所の共同研究グループはほぼ全ての新型コロナウイルス変異株の感染を防ぐスーパー中和抗体の取得に成功したと発表もありました。治療薬を開発できれば、軽症や中等症の患者に投与しウイルスの増殖を防いで重症化の予防を期待できるとの事です。
愚見ですが、新型コロナウイルスに対してもインフルエンザ同様に特効薬が誕生する日も遠くないような気もします。現在は「感染しない、感染させない」様に私たちも最大の努力を継続しております。なんとか、このウイルスを克服し、元の生活に戻れるようになることを切に願っております。

令和3年6月17日 みなみ野眼科クリニック